簡単だけど効果抜群のマッサージ

どこでもマッサージ

手のマッサージが肩こりに効くってほんと?

time 2016/06/29

多くの人達が辛い肩こりに悩まされているのではないでしょうか?肩こりは、ストレッチや肩のマッサージで治すことが一般的ですが、実は手のマッサージでも肩こりの改善をすることが出来るのです。どのようにしたらよいのか紹介しましょう。

合谷(ごうこく)というツボについて

合谷は万能のツボとして知られていますが、特に肩こりにはとても効果があるといわれています。手の甲の親指と人差し指の間にあり、手を開くと谷のように凹んでいるためにこの名前が付けられたということです。

合谷の見つけ方

親指の骨と人差し指の骨に沿ってたどっていくと、Vの字に繋がっている接点があります。その1cm上の、やや人差し指よりの位置で、押すと痛みを感じる部分が合谷です。押したときに強い痛みを感じるという場合は、かなり肩こりがひどいということにもなります。

マッサージの仕方

反対の手の親指で、合谷を抑えて小さく円をかくようなイメージで15回数えます。次に反対の手で同じように行いましょう。これを1セットとして2回から3回行います。力加減は痛気持ち良いくらいがちょうど良いです。強すぎると逆効果になってしまうので注意しましょう。

このマッサージは簡単で、しかも人に気付かれにくいので、デスクワークの途中や通勤、通学中の電車の中など、どこでも出来るのが魅力です。即効性はないかもしれませんが、しばらくすると肩が軽くなっていたり、習慣的に行っていると「そういえばあまり肩こりがひどくなくなった」というようなことに気付かされることでしょう。

肩こりで悩んでいる方にとって、一人でとても簡単にできる「合谷のマッサージ」をぜひ、実践してみることをお勧めします。

down

コメントする